抱えるほどの花束ご用意できます【サプライズやステージに】

インパクト重視の巨大花束

花束。

お祝いや何かの記念に付き物のサプライズアイテム。

もちろん、花は貰ったらそれだけで思い出に残るし、とても素敵な気分になるものですが、より”サプライズ感”を演出するにはどうしたら良いのでしょうか?

その答えはズバリ”大きさ”

サプライズ用大型花束

巨大な花束はかなりのインパクトを心に残してくれます。

写真の花束は「プロポーズをしたいんだけど、何かインパクトのあるものはないか」というご注文をいただいた際にお作りしたジャイアントブーケです。

薔薇やカサブランカ、グロリオサなどの花々と枝ものを伸びやかに使い作成したブーケ。なかなかのボリューム感と重量に仕上がりました。

お値段3万円。

実際にプレゼントする場所だったレストランのスタッフさんに協力してもらい、サプライズでプレゼントされたようです。

可愛らしいブーケも素敵ですが、インパクト重視の方にはかなりオススメです。

 

____

フローリストワタリでは、こういったギフトシーンやステージ上でお使いいただける大型の花束のご注文も承っております。

商品が大型のものになるので、群馬県太田市の本店から配達可能な地域に限らせていただいております。(群馬県内、栃木県、埼玉県の一部)また、個数や金額に応じて都内や他の地域までお届けいたします。詳しくは下記メールフォーム、またはお電話、E-mailにてお気軽にお問い合わせください。(※お問い合わせいただく際に「インターネットを見た」とお言付けください。)

お祝いの花に、白い胡蝶蘭(コチョウラン)

胡蝶蘭コチョウラン白3本立ち

胡蝶蘭コチョウラン白3本立ち

 

様々にお使いいただける胡蝶蘭(コチョウラン)です。

開店祝いをはじめ、誕生日や還暦、古希のお祝いなど様々なシーンで活躍する白の胡蝶蘭。

やはり多く見かけるのは写真の「白の3本立ちの胡蝶蘭」ではないでしょうか。

一口に胡蝶蘭といっても、様々な種類があります。白い花に赤い芯のものや黄色い胡蝶蘭

、最近では色素を吸わせた青い胡蝶蘭や紫の胡蝶蘭まで。はたまた白い胡蝶蘭にプリントを施したようなものまで出回っております。

白い胡蝶蘭だけを取り出してみても、その中に色々な品種が存在します。

多くの生花店では、通年を通して販売されている商品です。「お祝いと言えば〜…」的なところがあるのかもしれません。

矢張り長く見られる安定したギフトとして重宝されております。

サイズも様々で、3本立ちを中心に、5本立ちや10本立ちといった大型のものまで。同じ本数でも茎の長さと咲いている輪数によって様々な価格帯のものが存在します。

相場的には3本立ちで2万円から3万円くらいのものが中心ですが、輪数の少ない3本立ちなどは1万5千円程度で取引されているようです。(※群馬県東毛地区の場合)

もちろん市場価格にも左右されますので、ご入用の際は是非お近くのお花屋さんにご相談ください。

 

祝花(開店祝いのスタンドフラワー)の相場(群馬東毛の場合)

花屋をやっていると、お客様の質問ナンバー1は「花の相場」です。

切り花一本一本の相場ではなく、開店祝いに送られるスタンドのお花だったり法事(法要)に用いられるお花(お寺さん等)だったりと、気になさる方が多くいらっしゃいます。

弊社が店舗展開しているのは群馬県は東毛地区という鶴舞う形の群馬県の嘴から首の付け根あたりの地域です。具体的な地域でいうと本店のある太田市、周辺地域である桐生市や伊勢崎市、みどり市、および支店近隣の藤岡市、高崎市、玉村町、前橋市といった地域で展開しております。

これらの地域への花の配達はもちろん弊社からお届けするので、だいたい相場でいうとある程度決まったものがあります。

と言っても、お祝いのスタンド花の場合は通り相場で2万円、下は1万円から上限は特になく、使用する花の量や種類、1段か2段かによってオーダーを受けます。

IMG_2684

 

基本的にオーダーメードなのですが、特に決まった指定がなければ季節のボリュームのある花をチョイスしてお作りしております。その方がボリューム感を出すことができますので。

また、他県や群馬県内でも弊社から配達できないような地域(沼田市や安中市等々)へは他のお花屋さんへ手配をするため、通り相場でご注文いただくことがほとんどです。

 

 

方や法事(法要)のお花はもっと地域性が強く、本店周辺の旧藪塚地区ではお寺さんの本堂用に1対(¥3000*2=¥6000程度)、ご自宅の仏様用、お墓用(¥1000*2=¥2000程度)といった注文をいただくことが多い感じです。

このあたりの事情は周辺地域の花屋さんがよく把握していると思うので、もし必要な場合には相談に行かれるのが良いかもしれませんね。

フローリストワタリ